MENU

背中のニキビ、ぶつぶつを予防!


女性の背中ニキビケア

女性の背中ニキビは、10代の思春期の女性はもちろんですが
20代から30代の大人の女性も悩んでいる人が多く、大人ニキビの
傾向になってきていると言われています。

 

背中にきびは、ホルモンバランスが崩れることで、体内のターンオーバーの
働きが正常に行なわれなくなり、皮脂の分泌が過剰になりがちになり、
毛穴詰まりなどのお肌の起こっているところに、ホコリやダニなどの
浮遊物が毛穴に入り込み、アクネ菌が増殖してしまうことで炎症が起こり、
にきびとなる場合が多いようです。

 

ニキビは、思春期の10代のものというイメージが強いと思います。

 

10代は、子供から大人への移行期間でもありますので、ホルモンバランスが
崩れがちになりますので、にきびが出来やすいと言われています。

 

ただ最近は、ストレス社会という言葉もあるように、10代を過ぎても職場や
プライベートの人間関係、仕事内容など様々なストレスを抱えている人が
多いですので、自律神経ホルモンバランスが不安定になることが多いようです。

 

ストレスが溜まり、ホルモンバランスが崩れてくると、食生活が乱れがちになる
女性も多いのではないでしょうか。

 

そのような生活を繰り返していると、年齢を重ねてからもニキビができやすくなります。

 

そして、年齢を重ねてからできるニキビを特に大人ニキビと呼び、10代の頃の
にきびと比べると治りづらいものとなります。

 

ニキビのケアの上で、重要なことにはニキビの早期発見があげられますが、
背中ニキビは、顔などにできるニキビとは違い普段は死角になる部分ですから、
どうしても、ニキビの発見が遅れ気味になってしまうと思います。

 

ですので、普段から、入浴の時などに自分の背中を見るようにすると良いですね。

 

にきびの早期発見ができたなら、極力、刺激を与えないように清潔な状態に保つ
ことを心がけましょう。

 

敏感肌用の石鹸やお肌にやさしい肌触りのボディスポンジなどを利用すると良いですね。

 

背中は、自分からは見えない部分ですが、周囲からは目につきやすい場所ですよね。

 

周囲の目が気になって、温泉やプール、海水浴に行きづらいという思いをしたり、
なかなか普段は着る機会はないと思いますが、背中が開いたドレッシーな服装が
できないという思いをしないためにもきちんとスキンケアをしたいものですね。